HOME>特集>どんな内容を盛り込めば見栄えのする志望動機になるか確認

どんな内容を盛り込めば見栄えのする志望動機になるか確認

スーツの人

これまでの実績を書くと良い

志望動機に書く内容は、これまで自分で得た実績に触れ、それをその会社で活用出来ると考えたからとつなげるのが正解です。待遇が良いとか、自分にとって何か都合が良かったからというのが本音でも、相手にとってそれは何の魅力にもなりません。採用する側が求めているのは、自分たちの会社にとって有用な人材です。どんなことが出来て、どんな風に利益をもたらしてくれる人材なのかが知りたいわけですから、実績を書くのは大きなアドバンテージです。例え一般事務であっても、経費の管理表や売上の管理表を作成して業務の効率化に貢献して来たというだけでも十分な実績になります。実際にその会社でこんな働きが出来ると考えたから応募した、と書けば、採用担当者にとっても魅力的な志望動機に見えるでしょう。

勉強

何度も書いてみて確認しよう

志望動機欄に限らず、履歴書は非常に重要な書類ですので、仕上げるまでにはきちんと時間をかけて書くのが基本中の基本。学歴など事実をそのまま書く部分は別としても、文章を書く項目は、何度も書いて確認しましょう。まず考えた事をメモ書きして、しばらく時間を置いてから客観的に読み直してみるのがオススメ。自分が面接官になったつもりで文章をチェックすると、修正点が見えて来ます。主観だけで書き上げてしまうと、あらためて読んだ時に内容がよく分からない文になっているのはよくあること。果たして自分が伝えたいポイントがちゃんと伝わる文章かどうか、必ず読み直しが必要です。書き方にはいろいろなパターンがあるので、何種類か書いて見て比べてみるのも良い方法。もし第三者の協力者がいるなら、読んでもらって感想をもらうと良いでしょう。