HOME>特集>大学受験に必要となる学力や志望動機の検討などの知識

大学受験に必要となる学力や志望動機の検討などの知識

履歴書

一生を決めるかもしれない大学・短大選び

高校卒業後の人生は自分の考え方次第なのでお金を稼ぐために就職しても良いですし、視野を広げるために海外へ旅行に出る選択肢も魅力的です。もう少し勉強したかったり、より充実した条件で就職したかったりと考えているのであれば、大学や短大への進学をおすすめします。無事卒業すれば中卒や高卒よりも学歴の部分で入社できる企業の数は多くなります。ただ、入学する大学や短大によって入社できる企業の数は変化します。つまり、大学や短大選びは一生を決めるかもしれない選択なので、何回も検討を重ねて慎重に選ぶ姿勢が求められます。しかし、偏差値の高さだけで選んでしまうと、勉強する意欲が湧かなかったり、志望動機がまとまらなかったりといった状況が考えられます。そのため、希望を実現できる進学先を選び、入学するために努力することが大事です。

女性

本当に通いたい学校か見極める

大学や短大を受験し、合格すれば春からは新しい生活をスタートさせることができます。新しい出会いがあったり、勉強に励んだりなど充実した生活が訪れるのがベストですが、そうではない可能性もあります。たとえば、入学した大学や短大が第一志望ではなかったり、そもそも何となくという理由で受験したりなどの場合は、通い続けるモチベーションを保つのが難しいでしょう。ですから、中身の濃い志望動機を簡単に考えられるくらい魅力を感じる進学先を選ぶことが重要です。本当に通いたい学校かどうかを見極めた時、志望動機をまとめる作業に時間を要するのであれば、最適な進学先とはいえません。志望度の高い大学や短大に合格できると決まっているわけではありませんが、だからといって無理に志望堂の低い進学先に入学するくらいならもう一度受験したり、別の道を探ったりすることも選択肢の1つです。